Trinity Skin Clinic(トリニティスキンクリニック) -大阪市四ツ橋にある美容クリニック。
MENU
×
アイキャッチ
> トップ > 診療メニュー > ゼニカル

ゼニカル


ゼニカルパッケージ

日本では認知度は高くありませんが、ゼニカル(Xenical)は世界的に有名な経口内服型の脂肪吸収抑制剤です。
アメリカなど多数の国では肥満治療薬としてFDA認可をされて一般利用されています。
日本では視覚的な効果もインパクトがあり、継続しやすいため、SNSなどでは徐々に認知されつつあります。
グラクソ・スミスクライン社から販売されているAlli(アライまたはアリ)は、ゼニカルと同一の成分になります。(海外で処方箋不要の市販薬。オルリスタットの含有量がゼニカルより少ない)

ゼニカルとは

設立100年以上の歴史がある、世界的な製薬会社F. Hoffmann-La Roche, Ltd.により開発された製品で、Ro18-0647として広く 臨床治験がなされてきた製剤です。

ゼニカルはリパーゼ活性を阻害することで、摂取した食事内容に含まれる脂肪の消化管からの吸収を30%前後抑制し、これにより減量効果を得ようとするものになります。

本来本剤は、肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の肥満治療薬として開発された製品です。
病気ではない人に対しても、同様の効果があることから、世界中でダイエットに使う人も多く存在します。

またXENDOSが行った減量療法に関する最大規模かつ最長期間の研究で、2型糖尿病において37%のリスクを減少、ブドウ糖耐性機能不全 患者では52%のリスク減としている。

有効成分オルリスタットの作用
ゼニカルの有効成分【オルリスタット】は、リパーゼと呼ばれる体内で脂肪を分解する酵素を働きを弱めることで、結果的に脂肪の吸収を抑えます。
服用することで油分の30%程度を吸収せずにそのまま排出するため、特に脂っこい食事が好きな方には効果があります。
具体的な作用として通常1~2日後、食事をして本来吸収されていたはずの油分が、簡単に見て取れるほどの量が便として排出されます。

特徴

脂質に対して効果的

ゼニカルは油分(脂質)を直接排出する薬剤です。
脂質は5大栄養素の中でも最もカロリーが高く、脂肪分が多い食事が好きな方ほど効果が期待できます。
逆に言えば、既に脂質の少ない食事が多い場合は効果が下がってしまいます。
自身の状態を見て、使用の判断しましょう。

停滞期にも効果的

継続的に食事制限を続けていると、生物がもつホメオスタシスという効果により、体重の減少を抑えようとするため、自然と体重の減りにくい、停滞期が発生します。
ゼニカルは高カロリーの脂肪を直接排出するため、停滞期が起こりにくい減量方法です。

料金

施術別料金

 ゼニカル
  • 1錠 330円
BBX
  • 8,800円

ダイエット注射

サクセンダ
  • 本体
    1本 17,600円3本以上で15,400円

  • 70本 3,850円
  • アルコール綿
    2週間分 220円
  • オンライン診療手数料
    1,100円

脂肪溶解注射

デオリポ
  • 1cc 5,500円 8cc 33,000円
アルファコリン
  • お問い合わせください
チンセラ+
  • お問い合わせください
ファットX コア
  • お問い合わせください

副作用

  • 体質によって油分漏れ出す場合がある
  • ガスが出やすくなる
  • 油に溶ける脂溶性ビタミン不足に注意する必要がある

得に脂肪排出量増加に伴った消化器系症状が見られますが、その頻度は20%程度とされ、投与を継続することで消退する場合が多いとされています。

関連施術

リベルサス
細身|内服方|リベルサス
飲むGLP-1製剤

BBX
細身|内服型|BBX
ストレスによる過食を防ぐサプリメント

参考

海外におけるオルリスタットの最近の使用状況 – 日本肥満学会から引用
U.S.FOOD & DRUG ADMINISTRATION – FDA Drug Safety Communication: Completed safety review of Xenical/Alli (orlistat) and severe liver injuryから引用
厚生労働省 – 医薬品の個人輸入ご注意!から引用
Wikipedia-オルリスタット
Business Journal > あの超有名ダイエット薬がヤバすぎ!
株式会社共同通信社株式会社共同通信社 – ◎減量薬ゼニカルの効果大 糖尿病のリスク減少へ
DAILYMED,XENICAL- orlistat capsule