Trinity Skin Clinic(トリニティスキンクリニック) -大阪市四ツ橋にある美容クリニック。
MENU
×
アイキャッチ
> トップ > 診療メニュー > リベルサス

リベルサス


リベルサスパッケージ

リベルサスは2021年2月に販売が始まった、世界初の飲むGLP-1受容作動薬です。
注射型のGLP-1受容作動薬サクセンダと同じく、世界的に有名なノボノルディスクファーマ社から販売されています。
これまでやせホルモンとも呼ばれる、GLP-1受容作動薬は、高い効果を持ちながら、注射型のみでした。
家庭で使用するにあたり注射型は、抵抗がある方も少なく無いかと思います。
1日1回飲むだけで、減量効果を期待できるリベルサスは、非常に画期的な薬剤です。

リベルサスとは

リベルサス錠剤

本剤は飲むタイプのGLP-1受動作動薬です。
リベルサスの場合、「セマグルチド」という成分がGLP-1(やせホルモンと呼ばれる、人体にもともと存在する食欲に関係するホルモン)と同様の効果を果たします。

服用を続けて3ヶ月程度で減量の効果が現れてきます。
半年続けても効果がない場合は、他の方法を検討しましょう。

当院で扱っている関連製剤との比較

  • サクセンダ:注射型のGLP-1受動作動薬です。ビクトーザとも同じ成分です
  • ゼニカル:油分の30%を直接排泄。内服型で継続しやすい
  • BBX:ストレスを原因とする食べ過ぎを防ぎ、糖・脂肪の一部をそのまま排出するサプリメント

効果

経口セマグルチド14mgの臨床試験(期間26週)において、体重減少の優位性が認められています。

セマグルチドの作用でインスリンが分泌され、血糖値が下がることで食欲が抑制効果があります。
胃腸の動きが調整され、消化も穏やかになるので、空腹感による間食も抑えることができます。
結果的に食事量が減ることで、体重の減少効果が見込めます。

またリベルサスには、食事の嗜好の変化も報告されております。

嗜好の変化

リベルサス錠は食の好みの変化も確認されています。
12週間の実験では、自由に摂取して良い条件でも、
甘いものや脂肪分の摂取量が減り、摂取カロリーが減少しています。
その実験では被験者平均2.7kgの減量に繋がっています。

ただしリベルサスは正しく使用しないと、効果を発揮しずらい錠剤です。
以下の使用方法を守って服用しない場合、効果が下がる点に注意してください。

飲み方

使用錠剤

1日1回3mg錠から開始して、4週間経過後に7mg錠に変更してください。

使用方法

リベルサスの吸収は、胃の中に食べ物や水分が含まれていると、その効果が低下してしまいます。

起床後、食事や飲水の前に、空腹状態でコップ半分の水(120ml以下)と一緒に1錠服用してください。
服用後は、最低30分間以上開けてから食事、飲水および他の薬剤を使用してください。
服用後2時間程度時間を空けて、しっかりと薬剤が吸収された後に食事・飲水するほうが、より効果的です。

また、本剤は砕いたり溶かして服用してはいけません。

もし薬剤を飲み忘れた場合は、当日は服用しないでください。
翌日に飲み忘れ分を過剰に摂取することは厳禁です。

また、7mg錠を2錠を、14mg錠の代わりとして使用してはいけません。

リベルサスの使用方法

料金

施術別料金

 リベルサス
  • 3mg錠
    30日分 16,500円
  • 7mg錠
    30日分 36,300円
フォシーガ
  • 5mg錠
    お問い合わせください
  • 10mg錠
    お問い合わせください
ゼニカル
  • 1錠 330円
BBX
  • 8,800円

ダイエット注射

サクセンダ
  • 本体
    1本 17,600円3本以上で15,400円

  • 70本 3,850円
  • アルコール綿
    2週間分 220円
  • オンライン診療手数料
    1,100円

脂肪溶解注射

デオリポ
  • 1cc 5,500円 8cc 33,000円
アルファコリン
  • お問い合わせください
チンセラ+
  • お問い合わせください
ファットX コア
  • お問い合わせください

副作用

GLP-1受動作動薬は血糖値を下げることで、食用の抑制を図ります。
まれに低血糖の症状が出る可能性があります。

特に以下のような方は注意してください

  • 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全
  • 栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取 量の不足又は衰弱状態
  • 激しい筋肉運動をされる方
  • 過度のアルコール摂取者

もし低血糖の症状(倦怠感・冷汗・顔面蒼白・動悸・頭痛・吐き気・めまいなど)が現れた場合、すぐに使用を中止し、医師にご相談下さい。

使用できない方

以下の方は服用することができません

  • 本剤の成分の過敏症の既往歴がある方
  • 糖尿病性ケトアシドーシ
  • 糖尿病性昏睡又は前昏睡
  • 1型糖尿病の患者
  • 2ヶ月以内に妊娠を予定される方・妊婦・授乳中
  • 他のGLP-1受容作動薬を使用している方

関連施術

ミックスピール
細身|内服型|フォシーガ
糖質を排出する内服型のSGLT2阻害薬

サクセンダ
細身|注射型|サクセンダ
GLP-1セルフダイエット

参考

リベルサス錠
リベルサス錠3mg、同錠7mg、同錠14mgセマグルチド(遺伝子組み換え)に関する資料 – ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
Effects of oral semaglutide on energy intake, food preference, appetite, control of eating and body weight in subjects with type 2 diabetes