Trinity Skin Clinic(トリニティスキンクリニック) -大阪市四ツ橋にある美容クリニック。
MENU
×
アイキャッチ
> トップ > 診療メニュー > 脂肪溶解注射

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射はメソセラピーとも呼ばれ手軽な痩身施術として、美容医療業界で人気があります。
使用される薬剤にはたくさんの種類があります
当院ではデオリポという薬剤を使用しています。

脂肪溶解注射とは

その名の通り脂肪溶解注射は、メスを使わず薬剤を注射することで皮下脂肪を溶解(溶かす)ことが可能です。
脂肪細胞の数そのものが減少するため、治療後も半永久的に脂肪細胞を減らすことが出来るのが特徴です。
脂肪吸引ほどの即効性はありませんが、適切に使用することで、低リスクで確実に効果がある点がメリットです。
以下に脂肪吸引と内服薬との効果の違い・リスクを比較しました。

効果の比較

概ね効果としては
脂肪吸引 > 脂肪溶解注射 > 内服薬

となります。

脂肪吸引
一度に大量の皮下脂肪を取り除ける。
即効性も非常に高い。
ただし、過去に脂肪事故や重篤な健康被害の事例があり、少なからずリスクがあります。
術後の傷跡も目立ちます。
慎重に医院や医師を選択することをオススメします。

脂肪溶解注射
脂肪吸引のような事故のリスクが圧倒的に少ないのがメリットです。
リバウンドもしずらいです。※後述
一度の注入量で取り除ける脂肪の量は手のひらサイズが限界です。
腫れが収まり、効果を実感できるのは1ヶ月程度の期間が必要になります。

内服薬
内服薬は運動量や食事量・基礎代謝・ホルモンの関係など、たくさんのことが関連します。
一般的には脂肪吸引や脂肪溶解より効果がでるペースは緩やかです。

脂肪溶解注射はリバウンドしずらい

脂肪吸引や脂肪溶解注射は内服等より、リバウンドしずらい施術です。
なぜリバウンドしずらいのでしょうか?
理由を見ていきましょう。

脂肪細胞1つが蓄えれる脂肪の量には上限がある

脂肪細胞1つが蓄えれる脂肪には上限があり、上限を超えた過剰なエネルギーは、新たな脂肪細胞として細胞の数を増加させていきます。
脂肪細胞の数量は思春期までに決まり、遺伝要素もあるため、通常の運動や食事制限などで細胞の数自体を減らすことはできず、1度増えた脂肪細胞の数は一生減る事がありません。

脂肪吸引や脂肪溶解は脂肪細胞そのものを減少させることができるため、半永久的に脂肪細胞の数を減らすため、リバウンドしずらいダイエット方法といえます。


脂肪細胞の数の変化

適切な部位


適正部位

脂肪溶解注射の比較

脂肪溶解注射にもたくさんの種類がありますが、効果は様々です。

製剤名 主成分 効果 痛み・腫れの少なさ 治療周期
BNLS neo セイヨウトキノキ
カラクサケマン等
2~3週間に1回
サゴニメイト デオキシコール酸0.175% 2~3週間に1回
デオリポ(カベリン) デオキシコール酸0.5% 1週間に1回
PPC 大豆フォスファチジルコリン × 1週間に2~3回
ミケランジェロ 大豆フォスファチジルコリン
デオキシコール酸
1週間に1回
FatX core デオキシコール酸1% × 1週間に1回

国内で取り扱いがある脂肪溶解注射ではFatX coreが最もデオキシコール酸濃度が高く、効果も出やすいのですが、腫れが強く、人にばれずに使いたい方には適していません。
逆に知名度の高いBNLS neoは、腫れはほとんどありません。
ただし効果もすぐに実感できるものではなく、週1回6~8回程度の使用が最低ラインになります。
それ以下ではほとんど効果を実感することは、難しくなります。
当院では腫れと効果のバランスの良い、”デオリポ”を使用しています。

当院ではデオリポを使用しています

日本未承認の脂肪溶解注射に、非常に高い効果を持つ、カイベラ(デオキシコール酸1%)があります。
カイベラはデオキシコール酸単体と呼ばれる薬剤で、効果は高いのですが、腫れが非常に強くでます。

デオリポ(別名カベリン)は中程度の濃度のデオキシコール酸を主成分としています。
デオキシコール酸の他に、脂肪燃焼を増進させ分解促進を行う”L-カルニチン”。
脂肪組織を血液中に誘導し排出促進を行う”アーティチョークエキス”。
その他に腫れ・痛みを抑える成分も配合しています。
そのためデオキシコール酸による腫れ・痛みを抑えながら、効果を保った非常にバランスの良い製剤となっております。

デオリポ

料金

施術別料金

 脂肪溶解注射 デオリポ
  • 1cc 5,500円 8cc 33,000円
アルファコリン
  • お問い合わせください
チンセラ+
  • お問い合わせください
ファットX コア
  • お問い合わせください

関連施術

サクセンダ
細身|注射型|サクセンダ
GLP-1セルフダイエット

BBX
細身|内服型|BBX
ストレスによる過食を防ぐサプリメント

ゼニカル
細身|内服型|ゼニカル
SNSでも話題の脂肪吸収抑制剤

参考


PMC”米国国立医学図書館国立衛生研究所” – Metabolic and Structural Effects of Phosphatidylcholine and Deoxycholate Injections on Subcutaneous Fat