Trinity Skin Clinic(トリニティスキンクリニック) -大阪市四ツ橋にある美容クリニック。
MENU
×
アイキャッチ
> トップ > 診療メニュー > 3Dメッシュ

3Dメッシュ


3Dメッシュアイキャッチ

3D構造の糸を使用した糸リフトです。

3Dメッシュとは

3Dメッシュビフォーアフター正面
3Dメッシュビフォーアフターななめ

メーカー資料

PDOと呼ばれる、人体に無害な溶ける糸を使用しています。
糸は約1年ほどで溶けてなくなりますが、3D構造の糸によって生成される自身の体組織がリフトアップを支え、効果は1~2年ほど継続します。
生成された体組織はコラーゲンなどの線維化組織で出来ており、リフトアップと同時に美肌効果があります。
2つの効果で高い若返り効果が見込めます。

他の3D構造糸との違い


3Dメッシュの構造

ショッピングリフトに使用される糸には、たくさんの種類があります。
その中でも構造が近く、有名なものでテスリフトがあります。
両者とも3D構造のメッシュと、バーブやコグと呼ばれる返しがついています。

3Dメッシュのメッシュ部分は、8本(カッティングタイプ)と10本(モールディング)の糸で作られており、交差部分が全て結合されています。
この強固な特殊構造は、糸のゆるみや損傷がほとんどありません。

さらに1mm程の適切な空間を形成することで、組織の成長・再生を促します。
この1mmという空間の大きさが非常に大事で、小さすぎても大きすぎても線維化組織の成長には適しません。

返しの部分の長さは100mmとテスリフトより20mm長く、形状もリフトアップ・固定力が高い楔型の形状をしています。

コグ

バナナピール現象

バナナピール現象

コグと呼ばれる”返し”部分の形状によって、リフティングの固定力と持続力に違いがあります。
3Dメッシュモールドの楔型のコグはしっかりと突出しているため、従来型より優れた効果を発揮します。

無理な力がかかった時に発生することがあるバナナピール(コグが糸の芯ごと、バナナの皮のようにめくれてしまう現象)によってリフトアップ効果が著しく下がることもありません。

メッシュ

3Dメッシュと従来品との違い

従来品との違い

コラーゲンの成長にはメッシュの空間がとても重要です。
空間が大きすぎると組織が生着できず、狭すぎると十分に成長することができません。

3Dメッシュは、10本のメッシュで組織の成長に最適な1mm程の空間を備えています。
この新型のメッシュによって、長期間のリフティング・たるみ予防を可能としています。

料金

施術別料金

 3Dメッシュ
  • お問い合わせください

関連施術

セルフロック
顔パーツ|糸リフト|セルフロック
引き上げ力の強化された糸

ショッピングリフト
顔パーツ|糸リフト|ショッピングリフト
お肌の引き上げ

参考